はっきり言ってくれNight

毎日50万ほしい

幽劇感想


ネタバレしまくりな上あんまりいい事書いてない、

むしろ不快になる感想かもしれないので
キャストに推しがいる人とか上海行く人とか

円盤待ちの人は読まない方が吉です。

 

 

千秋楽のチケットを友人がとってくれたので
テニミュ好き・LDH好きとして
ウキウキしながら行ってきた。

テニミュは3rdからの新参だし、
LDHもハイローから入って

セカンドとジェネのライブに一回ずつ行ったくらい。

出演してる役者さんの事も
ケンチさん、三浦くん、井坂くん、

田中くん、荒木くんくらいしか知らないけれど
キャスティング発表とキャッチコピーで見たいなってなって、
メインビジュアルが出て絶対おもしろいな!って思った。
スーツに刀だし。どう考えてもかっこいい。

私は昔山本武の女だったから分かるんだ。

 

 

演出家についての諸々の話も流れてきたので読んでいて
「あの人が関わるなら行かない」と宣言している人もツイッターでよく見た。
そして匿名アカウントの人が問い合わせをして、
「該当の演出家は関わってはいない」と返答があったのも見た。

その流れで「主演がエグザイルだし、話に関係なく客席からエグザイルが出てきて歌いだしたら嫌すぎ」みたいなツイートも見た。

LDH1年生になった身からすると、
そもそもケンチはパフォーマー(歌は・・・)だし、

客席からネスミスと将吉が出てきたら

それはそれでめっちゃ笑ってしまうと思った。


あと演出家disるついでみたいにエグザイルがdisられてるのもいっぱい見た。
でも私も嫌いなジャンルとか推しが関わってほしくない舞台とかあるし、

価値観はそれぞれだし、演出家ごとの個性とかも分からない

ライトファンなりに金額分楽しんでこようって思って見に行きました。


ここから感想
まず前説で味方くん(MOJOの時とまったく印象が違ってすごい驚きました。)が、今日はDMMで配信がある事を告げ、客席に初見の人は?2回目の人は?それ以上の人は?と問う。
そして
「"すでに観て頂いた人には分かると思いますが"この物語の中で色々きわどいネタがあるが、配信に伴いマイルドになっている。しかしあえてそこは大きな声で笑ってほしい」と宣言があり、

コマネチで笑う練習(?)をさせられた。
そしてオープニング、キャラクター紹介というよりキャスト紹介だった。
オープニングにこれやるの!?最後じゃなくて!?ていう衝撃。
そのままキャラクターの名前が全然頭に入ってないまま本編が始まっていく。

 

個人的には既にこの時点でちょっと寒気がしていた。
面白くなくても笑ってくれって前説で客側に求めるってなんだ?
2回目3回目って通っている人がいても、それに甘えるのはどうなの・・
回を重ねても、これが始めて、これで一度きりと思ってやるのが普通だと思っていたので(多分舞台インタかなんかで読んだ)
初見を完全に置いていくスタイルにこの時点でおっ・・・となった。
笑えるか笑えないかとか勿論ツボは人それぞれだから、個人的には笑える小ネタもあった。

(エアバンドとかラップ音ボイパとか亜嵐とメンディー混ぜるくだりとか)

 

ただシリアスなシーンに微妙な小ネタが小刻みに挟まれると
物語に入りこめなくてサムいっていう事をKステで学んでいたので
このパターンかよ・・・ってなってしまった。

ガリレオとかおでんつんつんとか諸々のネタが微妙に古いのが気になったけど
一番キツいって思ったのは
なぜか小梅太夫のマネで

「自分の缶バッチを検索してみたら全部"譲る"でした」というネタ。

 

マジかよ

みんな優しい観客なのか、爆笑が起こってたけど
推しが自ら人気ランク下位である事を自覚している状況に身に覚えある私個人的には
正直血の気が引いた。乾いた笑いは出てたかも。

 

嘘でしょ・・?もし彼が自分の推しならすげぇショックかも
缶バッヂ回収するタイプのオタクじゃないからでかい口叩く権利はないけど
推しが自分で不人気である事を自覚してそれを舞台でネタにするって
いやいや・・しんどいわ
そんなお前を推してる私だっているんだ・・よ・・・って思ってしまう・・

 

勿論缶バッヂで"譲"が多い=不人気って決めつけてるわけでもなく、

実際彼の人気がどうかとか私は分からないし
たかがネタにそこまで~?wwって思う自分もいるんだけど、
あの流れていくさまざまな小ネタの中でかなりインパクトあるネタだった。

 

全体的な話としては
ヤクザが突然学校の敷地買い取って

部活中のグラウンドにブルドーザーで乗り込んでくるのが

無茶苦茶すぎてさすがに笑ってしまったけど
野球部の先輩(たわだくん)と後輩(スーパーベリープリティーキュートボーイみうらくん)が
最後の一球を投げるシーンがアツくて好きでした。

 

あとあの舞台俳優として演技をしている人たちの中で見ると
ケンチさんの喋り方ってすごいドラマっぽいなって思った。
なんだろう・・抑揚の問題なのかな・・・?棒読みっぽく感じてしまう
小ネタの球児インタビュアーの時の喋り方との差がすごかった笑

 

あと「回想その1」とか「回想その2」とか口に出して言うのそれ・・・!

それあの・・・!それを言わずに回想に見せてくれ・・・!
確か「回想その5」くらいまであって差し込まれる度に真顔になってしまった。

 

そして現世に実体化する為の式札?を使う為に
札を掲げて腰を振るシーン


白目剥いた(私が)


どう受け取ればいいのかわからない・・
式札について説明がある前に桃仙が腰振ってたシーンで
前触れのない奇妙なヤバイ動きに脳が処理落ちして鳥肌たった。

なにあれ
普通にあれを演技指導されてる彼らの事を思うと辛い
かっこいい物だけが見たいわけじゃないけど、
普通に意味がわからない・・・怖い・・

 

私が死んだら強力な式札になるはず⇒ならんのかーい!
捨て紙で門をふさぐぞ⇒ふさがれへんのかーい!
成仏するやで~⇒してへんのかーい!
俺も成仏するやで~⇒してへんのかーい!
その謎は2で明らかになるで~⇒最近この手法多すぎない?

 

神主に関してはそういうボケだと思うけど最後怒涛の脳内ツッコミした・・・

 

各組み合わせの離別・再会の流れは個人的に好きです。
話自体も
ヤクザ絡みのいざこざに巻き込まれ死んだ自警団ギャングチーム4人が
各自大事な男と喧嘩別れした事を悔んでたみたいな、分かる
そういうの嫌いじゃない
しかもそもそもの原因がヤクザの跡目を誰にするかの遺言とかな
まぁ 嫌いじゃない むしろ好きです

一概のガードマンや高校生がなぜ死体運びを手伝わされる事になったのかとか、

なぜ刀なんだ?とか(劇中に説明は無い)

とか、(かっこいいからかな?なら仕方ないよな)

たいしてでかくもない風呂敷が畳めてなさすぎない?

 

舞台観劇そんなに多くしてないから批評とかそういうのじゃなくて
本当にただただ1つの物語を見た個人的な感想でしかないんだけども
あんだけ顔も体格も演技もいい男たちをあんだけ使っておいてこれ!?感が否めない

色々もったいねぇ~~!って思う舞台でした。
個人的には手放しで「面白かった!!!!」とは言えない・・・

 

今回観れた事もめちゃくちゃ良かったし、楽しんだけど

結果的に「演出に不安があるから観ない」という選択をした人の判断は

あながち間違ってはなかったのかもしれないなと察してしまったのでした。


以下独り言
EXILE TRIBE2.5次元界隈に出てくる事や2.5次元出身俳優と共演する事
2.5ファンの中にはそれを良しとしない、混ぜるな危険って主張結構見た。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い心理 たかひろ憎けりゃ会社まで憎い心理

私もそういうジャンルや役者いる。


しかももともとアレルギーあるところに最近のハイローブームで
押し付けのように感じてイラついている人も少なからずいるかもしれないな。これは想像だけど

 

ただ個人的にはガンガン混ざり合って欲しいし、
系統や環境が違うお互いに刺激されあってどんどん演技も良くなればいいなぁって思うし
仕事の幅も露出の仕方も増えていって欲しいなと思うし
毛色の違う男子たちが仲よさそうにご飯に行ったり、
2.5次元俳優たちが毎回ご飯食べさせてもらったり豪華な差し入れ貰って喜んでたり、
可愛がられてるのを見るとほこほこするので、もっと見たいなぁと思う
(ただLDHの人間だから主役にする、とかが無くなればもっと面白い世界になるなって思う
 今回に関しても、もしケンチさんがダイではなく「カミジョウのおやっさん」のような
 シブくて懐深いグレーな名脇役だったら・・とか想像してしまう。
 和泉宗兵さん、出てきて一番最初のセリフだけでどういう人間なのかを感じさせる
 めちゃくちゃシブいヤクザ感が出ていて本当に良かった・・・
 和泉宗兵さんと橘ケンチさんが2才しか離れてないってのも衝撃・・ケンチさんやっぱ波紋使ってる?)